• 様々なビル
  • 握手をしているひと
注目の資金調達法|ファクタリングサービス
  • 様々なビル
  • 握手をしているひと
注目の資金調達法|ファクタリングサービス

事業を展開しているなかでキャッシュを融通する必要性に直面するのは、よくあることです。潤沢な資金力を有しているならともかく、売掛金を回収して各種の支払いに充当するといった経営を続けていると何らかの形で現金を確保する必要があります。取引先金融機関から融資を受けることが出来れば、凌げますが担保物件や預貯金などがないと審査を通過できないことも。金融機関での借入を断わられた場合でも現金調達の途を広げ得るのがファクタリングになります。

握手をするひと

ファクタリング取引とは、取引先に対して有する売掛金を支払期限前に現金化するというものです。売掛金自体を売買するので、借金が増えることはなく財務状況が悪化している企業でも審査を通過できるチャンスが広がります。日本では金融機関からの融資に変わる現金確保の方法として、最近注目を集めています。

ファクタリング取引の流れを確認しておくと、まず利用会社から電話やメールなどで申込みを行うことから始まります。申込み時には会社の状態や売掛先との取引関係や、いくらの債権を売買する見込みなのか名殿事情を簡単にヒアリングされます。仮審査を通過すると、経営者がファクタリング会社の店頭に足を運んで、審査を受けるのが一般的です。もっとも最近では審査担当者が利用会社のもとに出張してくれたりするサービスを提供している場合もあるようです。

審査の際には商業登記簿等本などの必要書類を携えるか、郵送などで送付するなど、必要書類を提出することも必要です。審査では利用会社の財務状況なども考慮されますが、重要なのは売掛金債権の請求先である取引の相手方の信用状況です。そのため赤字決算や税金滞納などの状況でも、取引先の信用性が高ければ審査を通過する可能性があるので、金融機関からの融資に比べると審査はゆるいといえます。

審査を通過すればその旨の連絡がくるので、本契約を締結し所定の口座へ現金が入金されるという流れになります。ただし売掛金の券面額の全てが入金されるわけではなく、リスクや金額に応じて各社で設定された手数料相当額が控除された金額が支払われることになります。入金された現金は会社の資金として利用すればよく、借金ではないので返済の必要もありません。
その後は売掛金債権の支払期日が到来した段階で、取引先は売掛金を支払う流れになるわけです。原則として取引先がファクタリング会社に支払いますが、2社間取引という形態の場合は一度利用会社に売掛金が支払われてファクタリング会社に支払うことになります。