ファクタリングにはどのようなメリットがある?

ビル

取引先に対してこれまでの継続的取引関係のなかで有している売掛金を、支払期日前に現金化するのがファクタリングの特徴です。運転資金を用意する方法では取引先金融機関からの融資を受けたり、事業規模が大きい会社では株式や社債を発行するなどの選択肢もあります。しかし金融機関の融資で現金を用意するのは厳格な審査を通過する必要があり、時間もかかるので最適のタイミングで融資を得るというのは容易なことではありません。株式や社債発行を利用できるのは都部の会社に限られます。

これら伝統的な資金捻出方法では機動的に運用するのが難しいという問題点を抱えているのが、銀行の貸し渋りなどをみれば明らかになっています。これに対してファクタリングを利用することには、これまでのキャッシュの確保に比べると、色々なメリットを享受できます。まずファクタリングを利用すると支払いサイトの問題を回避できます。売掛の取引は両者の信頼関係を基礎に、支払期日までにある程度の時間的猶予があるのが通常です。しかし建設業や製造業や医療や介護保険債権などは入金されるまでに1月や2月ほどの時間がかかります。いくら売上げをあげていて黒字経営でも、日々の事業を円滑に継続するためにはある程度のキャッシュが必須です。支払期日を待っていては、資金がショートして倒産の憂き目にあうことも。このような急な現金需要に直面してもファクタリングを利用すれば支払期日に関係なく現金を得ることになります。

ところでファクタリングでは利用会社とファクタリング会社、取引先の三社が登場します。取引先は差売掛金の支払いを誰にするのかについて大きな関心を有します。なぜなら債権者以外に支払いを行っても無効になるので二重支払のリスクを負うからです。そのため利用会社からの通知か取引先からの承諾が必要になりますが、これではファクタリング取引を利用している事実が取引先の知るところになります。そうなると取引先は利用会社と今後の信用状況に不安を抱くところになり、取引関係に悪影響のリスクがあります。しかし2社間のファクタリング取引を利用すれば、取引先には秘密厳守で手続きを進めることが出来ます。つまりファクタリング取引を利用している事実を取引先知らせることなく、売掛金を現金化することも可能なのも大きなメリットといえます。支払期日前に、秘密厳守で売掛金を現金化できるのは、融資が難しい中小企業などではメリットを享受できるはずです。