ファクタリングは個人でも利用できるのか?

スーツを着た女性

ファクタリング取引は法人などの営利企業が、売掛先に対する債権を買い取ってもらい支払期日の前に現金化するというものです。業種によっては一連の取引が終了してから入金までの期間が、数ヶ月以上の機関を置くことがよくあります。例えば病院やクリニックなどの医療報酬債権は診療報酬支払い基金から入金されるまでの間は二ヶ月程度とされています。しかし医療機関などの労働集約事業では、支払期日に関係なく人件費などがかかります。このような場面で役立つのがファクタリング取引で、手数料相当額が控除された金額が入金されることになるわけです。
キャッシュを必要とする場面は企業だけでなく、個人であっても同様で、企業のように入金の確実な債権を売買できれば、現金を工面することも可能になりますので個人向けのファクタリングも登場しています。

個人向けで取引の対象になるのは、給料債権が一般的です。給料債権とは個人が就業先に対して有する労働の対価として支払われる現金請求権のことです。数ある債権のなかでも給料は正社員であれば継続的に支払われるので社会的信用が高く、定期的に所定の口座に振り込まれるので回収も容易な特徴があります。そもそも給料債権は税金を滞納したり、離婚後の養育費の支払いが途絶えた際に差し押さえの対象になることの多い権利です。未回収のリスクが低いので、ノンバンク系ファクタリング会社を中心に個人向けファクタリングが提供されています。ノンバンク系は消費者金融などの系列会社であることが多く、利用者層も給与所得者が多いので消費者ローンと類似した個人向けファクタリングを取り扱う傾向があるようです。
給料債権を対象にした個人向けのメリットは、信用情報に関係なく現金を工面できることです。銀行や消費者金融などでは、借金を申し込むと信用機関が調査します。過去の借入履歴や破産経験などは発覚すれば、融資を通過できない可能性が高くなります。これに対してファクタリングは給料債権を売買しているに過ぎないので、ブラックリスト入りなど信用情報が毀損した方でも利用することが可能です。

しかし個人向けファクタリングには注意点もあります。まず手数料が高い傾向があることです。消費者金融では利息分を加えて一定額を返済していくことになります。これに対してファクタリングでは、初回に手数料をまとめて控除されるので手に出来る現金が少なくなる可能性があるわけです。