ファクタリングサービスは土日対応や即日現金化も出来る?

カレンダー

中小企業の経営者の方にとっては資金繰りは24時間365日、必要性に迫られてもおかしくない切実な問題です。経営者では労働時間の概念も希薄で自社の事業を継続するために、常に休みなく出勤しながらキャッシュフローが途絶することのないように配慮しているというのがほとんどです。しかし銀行もノンバンクなどの企業も週末の土日は休業日がほとんどです。年末年始やゴールデンウイークなども休日になっているのが一般的。ところがビジネスは生き物なので、急遽資金需要の必要性に直面するかは予測がつきません。そこで土日などの週末に対応してくれたり、申込み即日に入金してくれるファクタリング会社があれば、これほど心強い味方はないはずです。

実際のところファクタリング会社のなかには、土日を含め24時間365日体制で対応してくれる会社が存在しています。一般的なファクタリング会社の場合、土日などの時間外の電話などでの問い合わせは自動音声で対応しているので結局平日に再度、電話をかけることが必要です。これに対して365日24時間対応しているファクタリング会社の場合は人間のオペレーターが対応し、高等で必要事項を質問されるようです。確かに週末でも有人の電話対応する会社は存在していますが、ここで重要なのは土日祝日での即日の入金対応までを期待するのはムリだということです。なぜならファクタリングサービスにおいても融資の場合と同様に審査がありますが、審査部門は平日の営業時間にしか活動していないからです。そのような事情があるので、土曜日に問い合わせても実際の審査の可否が判断されるのは最短でも週明けの月曜日と言うことになります。また入金業務を取り扱う銀行などの金融機関も当然のことながら週末は休業中です。そのためファクタリング会社で週末に審査を通過させたところで現実問題として、土日祝日などに入金を完了させるというのは事実上不可能だということが分かります。

それでは土日対応することが無意味なのかといえばそうではなく、メリットはあります。例えばファクタリング取引を開始するにあたっては、商業登記簿謄本や印鑑証明書などの公的機関で発行される書類が必要です。市役所や法務局などの公的機関は平日しか業務を取り扱っていないので、土日に必要な書類などの案内をうけていれば効率的に必要書類を集めることが出来ます。また契約後の流れなども早い段階で把握出来るので取引も迅速に完了させることも可能です。